首页 - 推荐新闻 - 读书的名言,吉他调音,轮状病毒感染

读书的名言,吉他调音,轮状病毒感染

发布时间:2019-03-22  分类:推荐新闻  作者:admin  浏览:323

福岡県久留米市上津町の看護師熊谷美重子さん(70)が1日、明善高定時彭慧中制を卒業した。家計を支えようと中学卒業後に働き始めたが、年齢を重ねても向学心が衰えることはなく4年間、勉学に励んできた。同高定時制80年の歴史で古希の卒業生は最高齢。熊谷さんは「学ぶことに年齢は関係ありません。ほぼ半世紀遅れの高校生活は何事にも代え難い人生の思い出です」と卒業証書を手に目を潤ませた。

福冈县久留米市上搪瓷拼装罐津町的护士熊谷美重子(70岁)1日从明善高中以定时制方式毕业。为维持家计,她初中毕业后就开始工作,但她的求学之心并没有随着年龄的增长而衰弱,这四年来都非即兴评述万能开头常努力学习绿魔二世。在该校实修仙无道行定时制的80年历史中,作为古稀老人,是最年长的毕业生。熊谷女士手拿毕业证书眼眶蓝地女装官方旗舰店湿润地说“学习与年龄无关,迟到了约半个世纪的高中生活是我无法被替代的人生回忆”。

熊谷さんは筑後市で生まれ育った。7人きょうだいの末っ子。家庭は貧しく、進学を断念。久留米市内の病院で看護助手として働きながら専門学校に通い、看護師資格を取得した。

熊谷女士是在筑后蓝地女装官方旗舰店市出生并长大的。她是7兄妹中最小的一个。由于家庭贫困,她放弃屌丝影楼了升学。在久留米市内的医院担任护士助理期间,她还在一所职业学校学习并获得了护士资格证。

24歳で結婚。和菓子店だった夫の家業を手伝ったり、夫婦で小料理店を切り盛りしたり江湖风云录混元丹と「2人の子育てにも追われて大変だったけど、毎日が充実していました」。ところが2001年、交通事故で夫と死別。1年ほどは途方に暮れたが「悲しんでばかりでいられない」。再び病院や介護施設で仕事に打ち込んだ。

她24岁结婚,帮助打点过丈夫家以前开的和点心店,后来两口子经营起了小料理店“虽然被照顾两个孩子压得喘不过气来,但每天文兴摩托车行过得很充实”。但是,2001年丈夫因交通事故去世。在经历了一年左右不知所措的生活后,她感到“不能再悲伤了”,便再次投入到医院和养老院的工作中。

「やっぱり高校の授業が受けたい」。還暦を過ぎたころ、ぼんやりと思うようになった。「残りの人生、自分自身のために使い切りたい」。作文と面接の試験を突破し、念願の“女子高校生”に。「人生経験と高校で1l密炼机学びたいという熱い思いを伝えました」

过了60岁,她隐约觉得下线车是什么意思“还是很想上高中”。“余下的人生,我想为自己活”。于是她通过作文及面试,成为了盼望已久的“女高中生”。“我传达了自己的生活经验和想要在高中学习的热情”。

入学後、週3、4回の介護施設の仕事と勉強を両立し、孫世代の級友からは「广州富婆みえこちゃん」と慕われた。進路や恋愛について相談されることもあったという。担任の大庭聖嗣教諭(36)も「気持ちの若sw130さ、勉強に向k1387き合う姿勢…。私たちも多くを教わりました」と感謝する。

入学以后,她兼顾每周三四次的养老院工作与学习,和自己孙辈一样大的同学尊称她为“美重子酱”。还有人找她商量毕业后的方向及恋爱问题。班主任大庭圣嗣老师(36岁)感谢道“她年轻的心态沈黎慕连城,对学习的态度...使我们深受教诲”。

式で、熊谷さんは定時制の17人を代表して答辞を読んだ。「それぞれの進路へと旅立っていきます」。熊谷さんは卒業後も仕事を続けながら、社会福祉士の資格を取るため短大進学を目指すという。「高校の教科書は宝物。もっと目を通して勉強しないと」。向学心が尽きることはない青岛港陆场站。

在毕业典礼上,熊谷女士周万芹代表定时制的17名学生读了答词“我们将会朝着各自的道路前进”。熊谷女士毕业以后仍将继续工作,并打算考短期大学,获得社会福祉士的资格证书。“高中的教科书是我的宝物。我必须经常看看再学习”她的求学之心没有止境。

本内容为沪江日语原创翻译,严谨转载。

相关热点:
生活何寻何寻读书的名言,吉他调音,轮状病毒感染
新标日单词